高田城ロードレースのエントリーとコース攻略法や応援場所、参加賞などの情報!

高田城ロードレースマラソン2019では、新潟県上越市は戦国武将の上杉謙信公と松平忠輝公のふるさとです。

その城下町をランナーたちが走り抜けます。

高田城を目に入れながら、歴史とその景観の素晴らしさを味わえる大会になっています。

初夏の緑で青々とした高田城と高田の街並みを走ってみると、いつもとは違う景色が待っているかもしれませんよ。

そんな高田城ロードレースのエントリーやコースと攻略法、制限時間や参加賞とアクセス方法ともに、最寄り駅周辺などの宿泊ホテル情報についてご紹介します。

Sponsored Link

高田城ロードレースのエントリー申し込みと締め切り日は?

高田城ロードレース エントリー

 

高田城ロードレースの日程は、2019年6月2日(日曜日)に、雨天決行で開催されます。

 エントリー期間は、2019年1月17日 0時(木曜日) ~ 2019年4月8日 23時59分(月曜日)までです。

種目は、ハーフマラソンと10kmマラソン、5kmマラソン、3kmマラソンの4種目です。

 

高田城ロードレース ランネットでのエントリー申込み

高田城ロードレース SPORT Entryでのエントリー申込み

 

専用振替用紙の請求先

高田城ロードレースエントリーセンター

TEL.03-5768-5430 (24時間受付 自動音声)

専用振替用紙での申込締切日

2019年1月17日(木曜日)~2019年4月5日(金曜日)消印有効

 

高種目別の定員や参加費、参加資格、コースの関門は?

高田城ロードレースの種目別の定員や参加費、参加資格、コースの関門とスタート時間は、下記の大会公式サイトでご確認ください。

 

高田城ロードレース 大会公式サイトはこちら

 

なお、1キロを5分00秒ぐらいのペースで走るとすると、ゴール時のタイムは大体1時間45分です。

また、ハーフマラソンの制限時間は2時間40分で、10kmマラソンの制限時間は1時間20分、5kmマラソンは40分で、3kmマラソンは30分ですので、注意してください。

 

高田城ロードレースの受付時間と場所

受付時間:ナンバーカードとチップを事前送付するので受付はありません。

受付場所:ナンバーカードとチップを事前送付するので受付はありません。

 

 

高田城ロードレースのコースと高低差

 高田城ロードレースのハーフマラソンコースは、高田公園陸上競技場をスタート地点し、下記のルートをたどったあと、高田公園陸上競技場の場所がゴール地点になります。

 

高田城ロードレース コース

 

高田城ロードレースでは、コースの高低差はほとんどありません。

 

高田城ロードレースのコース攻略法

高田城ロードレース 攻略法

 

高田公園陸上競技場をスタートしてからすぐに、えちごトキめき鉄道沿線沿いをひたすら直進し北陸自動車道をくぐり抜けると上越市役所が出てきます。

この市役所を左折して謙信公広場を左折し県道63号線に入ります。

県道63号線を中田原交差点まで直進します見通しがいい分ペース配分に気をつけながら走る方がいいでしょう。

 交差点を左折するとコースが入り組みますが、高田駅を過ぎてえちごトキめき鉄道の陸橋を超えますが、ここが攻略ポイントになってきます。

この辺りからスパートをかけるランナーも多くなり始めるでしょう。

あとは元来た道を戻る形でゴールの高田公園陸上競技場をま座します。

距離表示については、1㎞ごとに表示されています。

完走証は、完走者全員に渡してくれます。

 

高田城ロードレースの参考動画

 

高田城ロードレースの応援場所のポイント!

高田城ロードレース 応援場所

 

● スタート・フィニッシュ地点

スタートの緊張感とフィニッシュの達成感のランナーに対して、応援場所として一番最適です。

● 白山神社

ランナーの完走を神様にお願いしつつ、ランナーに声援をおくる、応援場所として最適です。

● 謙信公公園

長い直線コースの入り口になるので、応援場所として最適です。

● ハーフ第3関門

ここまで来るとかなりランナーもバラけてきますので各ランナーに声をかける、応援場所として最適です。

● 第4関門

フィニッシュまでもう少しのところで、最後のがんばりを見せるランナーの、応援場所として最適です。

 

高田城ロードレースの駐車場とアクセス方法は?

高田城ロードレース 駐車場

 

駐車場が約1300台ありますので、エントリー時に申込をしてください。

ただし、台数に限りがあるのでなるべく公共交通機関をご利用ください。

車で行く場合

上越自動車道「上越高田IC」で降りて約10分

北陸自動車道「上越IC」で降りて約20分

 

電車で行く場合

えちごトキめき鉄道「高田駅」下車、徒歩20分

 

JR北陸新幹線線「上越妙高駅」からシャトルバスで10分

 

高田城ロードレースの参加賞と手荷物

参加賞は、オリジナルTシャツです。

手荷物については預かり所を設けますが貴重品のみの預かりとなります。

Sponsored Link

高田城ロードレースでおすすめの宿泊ホテルはどこ?

高田城ロードレース 宿泊

 

高田城ロードレースの最寄り駅は、えちごトキめき鉄道「高田駅」です。

そのため、JR線「直江津駅」周辺で宿泊ホテルを探す方が便利です。

JR線「直江津駅」周辺の宿泊ホテル

1.ホテルセンチュリー イカヤ
JR直江津駅から徒歩0分 料金5525円~

2.ハーバル&スパホテル 元気人
JR直江津駅から車で5分 料金5093円~

3.ホテルアルファーワン上越
JR直江津駅から徒歩10分 料金3797円~

4.ホテルルートイン上越
JR直江津駅南口から車で5分 料金5834円~

5.HOTEL ビジネスイン上越
JR直江津駅から車で15分 料金5926円~

6.旅館 附船屋
JR直江津駅北口から徒歩2分 料金5371円~

7.旅館 越路荘
JR直江津駅から徒歩1分 料金6019円~

8.ホテル ハイマート
JR直江津駅から徒歩1分 料金6667円~

9.豊田屋旅館
JR直江津駅から徒歩9分 料金3612円~

10.ホテルワークイン上越
JR直江津駅から車で10分 料金5000円~

 

上記はいずれも 楽天トラベル で検索したものです。

このように、JR線「直江津駅」の周辺には、このような宿泊ホテルが見つかりました。

ただし、前泊する場合や予約が満室で取れない場合もありますから、エントリーしたら取り敢えず宿泊ホテルの予約を入れておくことをおすすめします。

まとめ

今回は高田城ロードレースのエントリーとコース、種目や制限時間などを詳しくご紹介しました。

また、コースマップ図と共にコース攻略法、高低差や参加賞情報、会場へのアクセス方法などについても紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

高田城ロードレースが行われる上越市は冬はスキー、春は高田公園の夜桜が有名な所です。

また高田駅周辺には神社仏閣も多くありますので、御朱印帳を持って出かけるにも最適な場所です。夏は春日山城跡まで緑に囲まれながらの散策もいいと思います。

魅力溢れる待ちですからマラソン以外で訪れてみてはいかがでしょう。

ちなみに、前回大会の結果は、ハーフマラソンの男子が1時間13分38秒、女子が1時間38分08秒で、10kmマラソンの男子が31分44秒、女子が43分51秒だったそうです。

 

Sponsored Link

人気のマラソン用品

人気のマラソン記事

最新マラソン情報

フルマラソン

ハーフマラソン

コメントを残す