宝塚ハーフマラソンのエントリー申し込みと締め切りはいつまで?定員は?

>> 宝塚ハーフマラソンの最新情報はこちら

 

宝塚ハーフマラソンでは、宝塚市観光大使リボンの騎士「サファイア」やマスコットキャラクター「ヘルスター」くんが大会を盛り上げてくれます。

また、特別ゲストとして宝塚市大使の間寛平さんが激励にやってきますよ。

そんな宝塚ハーフマラソン2016のエントリーの申し込みと締め切り期間はいつまでか、定員や参加費用、参加資格などについてご紹介します。

Sponsored Link

宝塚ハーフマラソンのエントリー申し込みと締め切りはいつまで?

宝塚ハーフマラソン エントリー 申し込み 締め切り

第12回宝塚ハーフマラソン2016は、12月23日(金曜日)に開催されます。

スタート時間は午前10時15分で、制限時間は2時間30分です

 

宝塚ハーフマラソンエントリー

一般枠のインターネットでのエントリー申し込み開始日は、2016年8月1日(月曜日)からです。

エントリーの締め切りは、10月7日(金曜日)までの予定ですが、定員に達した時点で申込み終了となります

 

第11回 宝塚ハーフマラソン2015大会の様子 動画

 

宝塚ハーフマラソンへのエントリー方法と定員は?

 宝塚ハーフマラソンの一般枠でのエントリー方法は、インターネットや携帯電話、ゆうちょ銀行払込で申し込む必要がありますから、よく確認した上で申し込んでください。

じょいすぽ、スポーツエントリー、ランネットからの申し込みは下記のページからエントリーできます

宝塚ハーフマラソン2016 インターネットでのエントリー申込み

ただし、エントリーの申し込み受付開始時間「2016年8月1日(月曜日)」にならないと受付けてくれません。

なお、ゆうちょ銀行払込での申し込み方法はこちらです。

申込場所:お近くのゆうちょ銀行又は郵便局

支払方法:郵便局の窓口で、所定の申込用紙で参加申込と支払いが同時にできます。

ただし、払込手数料130円が必要です。

申込用紙の配布先:宝塚市役所内スポーツ振興課・市民相談課、各サービスセンター・サービスステーション、スポーツセンター、各公民館、各人権文化センター、中央図書館等で配布しています。

申込締切:平成28年9月30日(金曜日)

 

宝塚ハーフマラソン大会の種目と定員はこのようになっています。

● ハーフマラソン【一般枠】定員:先着

● クォーターマラソン【一般枠】定員:先着

● ファミリー3kmマラソン【一般枠】定員:先着1,200人

ハーフマラソンとクォーターマラソンの定員は、合計で先着3,500人

ちなみに、宝塚ハーフマラソンでは、先着順で定員が決まりますから抽選はないので、抽選倍率もありません。

Sponsored Link

宝塚ハーフマラソン大会の参加費用と参加資格は?

宝塚ハーフマラソンの参加費用(税込・手数料別)

● ハーフマラソン(16歳以上):3,800円

● ハーフマラソン(65歳以上):3,800円

● クォーターマラソン(16歳以上):2,700円

● クォーターマラソン(65歳以上):2,700円

● ファミリー3kmマラソン(小学生以上):1,200円

 

 宝塚ハーフマラソンへの参加資格のポイントは次の2点です。

 16歳以上の部:平成13年(2001年)4月1日以前に生まれた人

 65歳以上の部:昭和27年(1952年)4月1日以前に生まれた人

ただし、ハーフマラソンは2時間30分以内、クォーターマラソンは1時間20分以内という制限時間があります

 ちなみに、ハーフマラソンの制限時間の2時間30分以内に完走しようと思ったら、1キロを7分のペースで最後まで走り切れば、2時間28分でゴールできます。

 また、クォーターマラソンの制限時間の1時間20分以内に完走を目指すのなら、1キロを8分のペースで最後まで走り切れば、ちょうど1時間20分でゴールできます。

 

まとめ

今回は、宝塚ハーフマラソンのエントリー申し込みと締め切りまでの期間、各種エントリー方法などについて詳しくご紹介しました。

また、宝塚ハーフマラソンの定員や制限時間、参加費用、参加資格などについてもご紹介しています。

ただし、エントリーする際は公式サイトで必ず確認してから申し込んでくださいね。

Sponsored Link

人気のマラソン用品

人気のマラソン記事

最新マラソン情報

フルマラソン

ハーフマラソン

コメントを残す