富士山マラソンのエントリーとコース、高低差や駐車場は?宿泊ホテルは?

第7回富士山マラソン2018では、フルマラソンとチャリティファンラン10kmが行われます。

河口湖と西湖を走るので、富士山を確実に見ながら走ることができます。

フルマラソンでは世界40カ国以上から約2000名のランナーが参加する事もあって海外マラソンに参加している気分を味わえるのも魅力です。

今回の大会アンバサダーには瀬古俊彦さんが就任しており、みなさんと一緒に走ってくれます。

地元の方がボランティアを務めてくれており、一緒に大会を盛り上げてくれます。

そんな第7回富士山マラソン2018のエントリーとコース、関門や制限時間、高低差と駐車場情報ともに、最寄り駅周辺などの宿泊ホテルなどについてご紹介します。

Sponsored Link

第7回富士山マラソンのエントリー申し込みと締め切り日は?

第7回富士山マラソン エントリー

 

第7回富士山マラソンの日程は、2018年11月25日(日曜日)に、雨天決行で開催されます。

 

第7回富士山マラソンのエントリー

 第1期エントリー期間は、2018年4月20日0時(金曜日) ~ 2018年9月30日 23時59分(日曜日)までです。

 

 第2期エントリー期間は、2018年10月3日0時(水曜日) ~ 2018年11月17日 23時59分(土曜日)までです。

 

 第3期エントリー期間は、2018年11月18日0時(日曜日) ~ 2018年11月22日 23時59分(水曜日)までです。

 

 現地エントリー期間は、前日13:00~19:00 当日7:00~8:00 平浜駐車場で受け付けています。

 

第7回富士山マラソン2018 ランネットでのエントリー申込み

なお、エントリーはインターネット又は現地エントリーのみで、専用振替用紙でのエントリーは受付していません。

問い合わせ 富士山マラソン大会事務局
TEL.03-5771-7903 (平日 10時~17時まで)
土日・祝祭日は除きます。

 

第7回富士山マラソンの種目と定員

● フルマラソン【陸連登録者18歳以上の男女 一般18歳以上の男女】定員:12000人(海外在住ランナー優先出場枠2000人含む)

● チャリティファンラン10km【12歳以上の男女】定員:2000人

 

第7回富士山マラソンの参加費

フルマラソン参加費

第1期エントリー9800円(救命士・医師・看護師は7800円)

第2期エントリー11800円

第3期エントリー13800円

現地エントリー 15000円

 

チャリティファンラン10km参加費

第1期エントリー3776円

第2期エントリー4200円

第3期エントリー4700円

現地エントリー 5000円

 

第7回富士山マラソンの参加資格

 各国陸連の定めた登記登録選手

 一般のアマチュア競技者

 制限時間6時間以内で完走できる方

 満18歳以上の健康な方

1キロを6分00秒ぐらいのペースで走るとすると、ゴール時のタイムは大体4時間12分です。

 

第7回富士山マラソンの受付時間と場所

第1期エントリーの方は受付は不要です。

 

第2期・3期エントリーの方

受付時間:(前日)13時~19時まで、(当日) 6時~8時まで

受付場所:平浜駐車場

 

現地エントリーの方

受付時間:前日13時~19時まで 当日7時~8時まで

受付場所:平浜駐車場

 

第7回富士山マラソンのコースの関門とスタート時間は?

第7回富士山マラソン 関門

 

 第7回富士山マラソン大会のフルマラソンでは、下記のように関門(打ち切りポイント)が 6ヶ所 あります。

● 第1関門:11.5km河口湖大橋、閉鎖時間:10時37分

● 第2関門:20.4km寺崎漁協駐車場、閉鎖時間:11時52分

● 第3関門:27.2km西湖魚眠荘前、閉鎖時間:12時55分

● 第4関門:30.2km西湖公民館前、閉鎖時間:13時20分

● 第5関門:35.0km足和田出張所、閉鎖時間:13時59分

● 第6関門:37.6km道の駅かつやま、閉鎖時間:14時21分

● フィニッシュ:42.195km船津浜駐車場、閉鎖時間:15時00分

交通規制は、スタートして6時間15分後の(15時15分)で解除されますが、一番早い解除の時間は10時10分です。

そのため、交通規制解除以降は係員の指示に従って、歩道を通行してください。

 

スタート時間

● フルマラソン:午前9時00分

● チャリティファンラン10km:午前9時20分

なお、フルマラソンの制限時間は6時間で、チャリティファンラン10kmの制限時間は1時間40分ですので、注意してください。

 

第7回富士山マラソンのコースと高低差

  第7回富士山マラソンのフルマラソンコースは、船津浜駐車場をスタート地点し、下記のルートをたどったあと、船津浜駐車場の場所がゴール地点になります。

第7回富士山マラソン コース

 

第7回富士山マラソンコースの高低差は約110m~120m程度になります。

船津浜駐車場をスタートしてから河口湖を半周する形で西湖方面に向かいます。

 この時20kmまではほぼ平坦なコースになっていますが、この先から一気に120mの勾配を上る事になります。

西湖湖畔を周回しながら富士山や紅葉を見ることができます。

西湖から河口湖に向かう34km辺りから120mの高低差を一気に下って行きます。

下り終われば、河口湖を半周でゴールの船津浜駐車場になります。

西湖と河口湖での富士山の違いを走りながら体感できます。

距離表示については、1キロごとに表示されています。

完走証は完走後、会場にて写真入りの記録証を渡してくれます。

大会終了後2週間後より、web記録証を発行してくれます。

 

富士山マラソンの参考動画

 

第7回富士山マラソンの駐車場とアクセス方法は?

第7回富士山マラソン 駐車場

 

車で行く場合

中央自動車道河口湖線「河口湖IC」で降りて約15分

会場の周辺には、ランナーや方が停めれる駐車場が6カ所ありますが、申込書への事前登録制で先着順になっています。

そのため、公共交通機関を利用する方が確実です。

 

電車で行く場合

JR線「新宿駅」~「大月駅」(中央本線特急で1時間05分)

富士急行「大月駅」~「河口湖駅」(富士急行特急で45分)

富士急行「河口湖駅」が最寄り駅で、そこから会場まで徒歩7分です。

 

第7回富士山マラソンの参加賞と手荷物

参加賞については第1期エントリーした方のみが受け取ることができます。

参加賞品はオリジナルロングTシャツ(XS~2XL)
参加賞引き換え期間 11月24日13時~19時 11月25日7時~16時

手荷物預かり場は、表彰式会場(平浜駐車場奥)に設置していて、無料で預ける事が出来ます。

ただし、貴重品は自己管理してください。

Sponsored Link

第7回富士山マラソンでおすすめの宿泊ホテルはどこ?

第7回富士山マラソン 宿泊

 

第7回富士山マラソンの最寄り駅は、富士急行「河口湖駅」です。

そのため、富士急行「富士急ハイランド駅」か「富士山駅」、「河口湖駅」周辺で宿泊ホテルを探す方が便利です。

 

富士急行「富士急ハイランド駅」周辺の宿泊ホテル

 

富士急行「富士山駅」周辺の宿泊ホテル

 

富士急行「河口湖駅」周辺の宿泊ホテル

上記はいずれも 楽天トラベル で検索したものです。

このように、富士急行「富士急ハイランド駅」と「富士山駅」、「河口湖駅」の周辺には、このような宿泊ホテルが見つかりました。

ただし、前泊する場合や予約が満室で取れない場合もありますから、エントリーしたら取り敢えず宿泊ホテルの予約を入れておくことをおすすめします。

 

まとめ

今回は第7回富士山マラソンのエントリーとコース、関門や制限時間などを詳しくご紹介しました。

また、コースマップ図と共にコースの参考動画、高低差や駐車場情報、会場へのアクセス方法などについても紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

晩秋の富士山を河口湖・西湖から走りながら絶景を見ながら楽しんで走ることができます。

また周辺の紅葉も一番いい時期になっていますから、紅葉と富士山を眺めて走るのはとても心に豊かさをもたらしてくれるのではないでしょうか。

 ちなみに、第6回富士山マラソンの前回大会の結果は、男子が2時間28分46秒、女子が2時間40分31秒だったそうです。

Sponsored Link

人気のマラソン用品

人気のマラソン記事

最新マラソン情報

フルマラソン

ハーフマラソン

コメントを残す